精神障害者保健福祉手帳(精神障害者手帳)を取得するメリットは?

福祉

ゆろたろす
ゆろたろす
ひいたん、あっし精神障害者手帳の申請をしようか迷ってるんだけど……
メリットとデメリット、教えてくれない?
ひいたんぬ
ひいたんぬ
手帳取得迷ってるんだね。
おっけっけ!

広告

精神障害者保健福祉手帳(精神障害者手帳)とは

概要

  • 「精神障害者手帳」「手帳」などと呼ばれることもあるが正式名称は「精神障害者保健福祉手帳」。
  • 精神障害を持っていて基準を満たした人に交付されるもの。
  • 1~3級まである(1級のほうが重く3級のほうが軽い)
  • 税金の控除や各種施設の割引などのメリットがある(※後述)

対象

すべての精神疾患。
例えば、下記のようなもの。

  • 統合失調症
  • うつ病、そううつ病などの気分障害
  • てんかん
  • 薬物やアルコールによる急性中毒又はその依存症
  • 高次脳機能障害
  • 発達障害(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害等)
  • その他の精神疾患(ストレス関連障害等)

申請資格

  • 初診日から6ヶ月以上経過していること

有効期限

  • 2年(2年経ったら更新が必要)

申請費用

  • 診断書の取得…数千円(2年の更新のたびに必要)

申請窓口

  • 市町村(市役所等)

精神障害者保健福祉手帳のメリットとデメリット

メリットの例(等級や自治体・企業による)

  • 税金の減免(所得税、住民税、自動車税など)
  • 公共交通機関の運賃割引
  • 公共施設等の利用料の障害者割引
  • 携帯電話料金の障害者割引
  • NHKの受信料の減免
  • 生活保護の障害者加算
  • 公営住宅の優先入居・減免
  • 生活福祉資金貸付制度

デメリットの例

ひいたんぬ
ひいたんぬ
基本的にデメリットはないとされてるけど、わたしはこんなデメリットを考えるよ~
  • 申請・更新の診断書の取得にお金がかかる
  • 手帳という目に見える形での障害の意識
  • 障害を隠して働いている人は所得税・住民税の減免の手続きでバレる?(給与担当者に申請する必要あり?)
  • 管理が面倒(なくさないように持ち歩く必要がある)
  • 障害を隠したい人の場合、手帳の所持を見られることで他人にバレるリスクがある

 

ゆろたろす
ゆろたろす
ありがとう!

申請にお金がかかるのはちょっとあれだけど、メリットも結構ありそうだね!

ひいたんぬ
ひいたんぬ
そうだね!
働いている人などは税金の減免だけでも元が取れるかもね!

広告